編み糸、毛糸、手編み糸、綿糸、麻、シルク、織り糸、
ホーム マイアカウント お問い合わせ

商品カテゴリー
おすすめ商品
売れ筋商品
カートの中
  • カートの中に商品はありません
店長ブログ

【糸屋.com】 店長コザカ

編み物を趣味とする人たちの情報交換の場所にしたいと思います。作品自慢や紹介、質問コーナー等、お得なセールや新商品の情報も載せますのでマメにチェックしてください。

メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
RSS ATOM
 

繊維から出来た糸

 

ハンドメイドが好きな方は、手芸糸で色々なものを作っている人もいます。 私達が毎日着ている衣服、お洋服のほとんどは繊維で出来ています。 繊維が線状に長く連なった連続したもので、繊維に撚りをかけたもっとも細いものが糸となります。 種類も限りなくある糸は、衣料関連にはなくてはならない存在でもあります。
普段から誰もが着ているTシャツも糸、繊維からできていますので身近には様々な物が関連しています。 身近な身の回りな物で言えば、お洋服に限らずインテリア用品、カーテン、 テーブルクロスなども繊維になりますので、あらゆる所で使用されているのが分かります。

 

繊維は糸にする事で紡績とも呼ばれ、繊維に撚りをかけて、糸の太さ、弾力や伸度、収縮性、 光沢などの効果がでてくるそうです。糸は原料により、絹糸、綿糸、毛糸、化学繊維などがあります。 繊維を2種類以上混ぜ合わせ紡績した糸は混紡糸といい、 一種類の繊維でできた糸を他の種類と合わせて作った糸は、混撚糸といいます。
天然繊維、化学繊維、植物繊維、動物繊維など複数ありそれぞれ長所、短所がありますので使用する物のデザインや、 シーズンによって使い分けて使用されています。
また、天然繊維の綿や麻、羊毛といったものからは スパン・ヤーン、絹、化学繊維からはフィラメント・ヤーンを作る事ができます。 フィラメント・ヤーンにはポリエステル100%のキングポリエステルや、ナイロン100%のレジロンなどの種類があります。

 

動きやすいTシャツも様々な繊維で作られたものがあります。 その使用する繊維によってカジュアルにも、女性らしいデザインでドレッシーな感じにもなりますので、 使用する繊維によって着心地も違ってきます。 子供服では、子どもの事を考えて肌に優しい糸だったり、 激しい動きにも対応できるような収縮性ある糸を使用している服が多くあります。
綿やシルク、アクリルなど糸によって価格ももちろん変わってきます。 一枚の生地を作るのに多くの糸が必要とされますので、 ブランドによって値段が異なるのは使用している糸から違うからなんです。
でも、あまり手に入りにくい糸でも仕入れのルートによっては、価格を押さえることができますので、 高級服にも劣らない糸で作る事はできるかと思います。