編み糸、毛糸、手編み糸、綿糸、麻、シルク、織り糸、
ホーム マイアカウント お問い合わせ

商品カテゴリー
おすすめ商品
売れ筋商品
カートの中
  • カートの中に商品はありません
店長ブログ

【糸屋.com】 店長コザカ

編み物を趣味とする人たちの情報交換の場所にしたいと思います。作品自慢や紹介、質問コーナー等、お得なセールや新商品の情報も載せますのでマメにチェックしてください。

メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
RSS ATOM
 

冬に活躍するニット

 

寒い時期になると活躍するファッションアイテムといえば、ニットではないでしょうか。 ニットとは、やわらかくよった糸をループの連鎖で編み上げたものの総称の事を指します。 動物の毛を集めて出来たニット糸で編まれたセーターやカーディガンなどはとても暖かいので重宝する方も多いかと思います。 一言で毛糸やニット糸と言っても、その素材にも様々な種類が存在します。
アルパカ・羊の毛のウール・うさぎの毛のアンゴラ・ヤギの毛のカシミヤなど、いろんな素材があります。 しかし、素材の良し悪しや編み方によって暖かさは大きく変わります。 編み方にも棒針編み・かぎ針編み・レース編みとあり、 目を細くニット糸をたっぷり使うことで暖かさを維持する事ができます。


 

ニットの魅力といえば編みこみ模様

 

ニットの魅力のひとつは、毛糸で作られる模様ではないでしょうか。 棒と糸しか使用していないのに様々な模様を浮き上がらせる編み物の技術には感心してしまうことも多いでしょう。 編みこみの模様もいろんな種類があるので、少しご紹介します。
棒針編みでは、表目・裏目・交差編みなどを組み合わせることで網目に凹凸を作る事ができます。 編み目の基本であり、初心者の方はまずこの地模様をマスターすることから始まります。
そのほかにもかけ目と減目で構成されている透かし模様や、 ノルディック・フェアアイル・アラン模様などの伝統模様、チェック・アーガイル模様などの編み込み模様、 様々なパターンがあります。伝統模様には人々の生活やロマン、 神への祈りが編み込まれていると言われており、 現代風にアレンジを施す事でノスタルジックな雰囲気の作品が出来ますよ。
ニット編みはその編み方ひとつで様々な模様をえがくことができるので、無限の可能性を秘めています。 特に編みこみ模様は色彩によって自由に遊ぶ事ができます。 交差編みと組み合わせるなどいろいろなパターンと組み合わせる事で新しい模様を描くことも出来ます。 編み物を極めたらご自分でデザインなさった模様を編むことも可能になる日も夢ではありません。